世界平和が叶うとしたら、そんな野望のために今日も私は人を見つめる。

*2017年6月9日のブログ記事を再アップしています。
*当時私はアメブロとはてなブログの両方でブログを書いていました。

森内美実です。

私は、東京が好きだ。

来るたびに、少しずつ姿を変えていく、

この色々な街が好きだ。

初めて来るところも良いが、

いつか来たところに、また来るのが好きだ。

そのとき私は思うのだった。

この変化は、街の変化なのだろうか、

それとも私自身の変化なのだろうか、って。

そうやって、変化のありかを、街と私で分け合うのが好きだ。

さて、

今日はそういう、「基準点」のお話を一つ。

就活のときに、耳がタコめいた「自己分析」について。

自己を分析するのは楽しい。自分とはどんな人間なのか、

考えるのは、際限がない。際限がないから、それは、

どこまで行っても無敵で、決して飽きのこない遊びだった。

だけど、自己を分析して、自己が分かるわけがないと思う。

それはつまり、「無人島に一人でいる人」を思い浮かべればいい。

たった一人、自分だけ。もし仮に、生まれて死ぬまで、一人しか

いない世界で暮らしていくとしたら。

その人に、個性なんてありやしないのだ。

「優しい?」

「計画的?」

「お笑い系?」

そんなこと、言えない。どの要素も、その世界には

一つだけ、自分の中だけに存在するにすぎない。

そもそも、そんな要素すら、発見できないのかもしれない。

つまるところ私たちは、

自分よりも優しくない人や、自分よりも優しい人を見て初めて、

「私は優しい人です」とか「私は優しくない人です」とか

そういう、個性を認識するのである。

もしくは、友人Aとあなたを見比べて、友人Cが

「あなたは優しい人ね」とか言うからこそ、

そのことを思うようになるのだと思う。

どれも、比較して初めて、認識されるのだと、私は思う。

そのときどこに「基準を置くか」それは自由だ。

そのときどの方向から「要素を眺めるか」それも自由だ。

小学生のとき、同級生の女の子が、

「私は何も決められない」と悩んでいた。

私はそのとき、

「それはもしかすると、全てを許せるということかもしれないね」

とつぶやいた。

もちろん、何も決められないことと、全てを許せることは、

イコールではない。けれど、どの方向から眺めるかで、

一つの要素は全く違って見えたりもする。

そして私の希望はいつだって、

全く違って見えて欲しいと願っている。

「基準」と「方向」を意識して、人を見つめること。

これが、私にとっての、「人について考える」ことである。

「私はこんな人で・・・」と自分について話すその人の、

その要素の、基準と方向はどうなっているのか。

そして、その要素の新たなる見方はあるのだろうか。

そうやって、人を見つめて、人生を感じて、

生き様を味わうのが

好きだ。

と、同時にそれは、とっておきの精度を誇る

私自身の「自己分析」になるのであった。

人と出会い、人と話し、人生を目の当たりにすればするほど、

否が応でも知り行くのが、自分という人間そのものであった。

私と、この人の、「違い」

この前会ったときと、今日会って感じた変化のありかはどこか。

そうやって、差や違いを愛していくのが、

人間を好きになるコツだと思っている。

まあ、もちろん、人間を好きでなくてもいいだろうけど。

私はこの東京の街、以上に、人を、好きな人でいたいと願う。

私にしか見えない「基準」があって、

私にしか示せない「方向」があって、

私にしか感じられない「変化」があるのなら、

こうしてまた今日も私が人を見つめる意味になるのだと、

そんなことを大層に、でも真剣に考えるのであった。

で、でさ。笑

ブログを書いたりして、

その反応をいただいたりするのは、

とてもいいと思う。

へえ〜! こういうところに反応してもらえるのか、

という、驚きと発見の日々。

へええ〜! こういう感想を持ってもらえるのか、

という、感動と感謝の数々。

だから、やめられないよねブログもtwitterもさ。

と、このはてなブログの、今月のPV数が1,000を超えたそうで。

計1,000回も見ていただいた記事たちは、とても幸せだと

申しております。

で、今後ですが、そろそろ、

マイホームページ(ワードプレス)の方に、

移行しようと思っており、ちょとずつ、過去記事を

お引越ししております。

マルっと、乗り移る方法もあるのだと思うけれど、

コピコピペッペして、お引越ししています。

平行して書いていたアメブロも寄せて、

以降はマイホームページ一本で、

ドコスカ書いていこうと思いますので、

そんなお知らせでした。

ちなみに、アドレスはこちら。完全移行したら、また言います。

mimimoriuchi2.com

タイトル、「ゆとり天使の戦略室」ってさ。

そういう、そういう、そういう・・・・・・。笑

*****

さあ、まとめよう。このブログで言いたかったことは、

次の一つだけ。

「違いを愛して、自分を知る。」

ああ、これが世界平和に繋がるのだろう。

1991年生まれ、四畳半在住  ゆとり天使 森内美実

この肩書き、なかなかだなぁ。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1991年7月9日生まれ。 心理学部を卒業した後、広告代理店と研修会社で法人営業を3年。 途中、副業でSNS起業をしつつも、会社を辞める勇気がなく挫折。 2017年6月に「無職になるチャンス」を掴み、 現在「ゆとりの天使」として活動中。